スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

週末音楽生活

土曜日はバンド練習。
2週間後には国立でお呼ばれライブを控え最後の調整。
ちなみに8月にも飯田橋でライブ、っていうか、こちらは自前企画。


なお、バンドは只今、音源作成中。

メンバー間でMTRを回すという制作方法は従来同様ながら、今回は16chデジタルMTRをコンパクトなものに入れ替えて取り組み。
20100607005441.jpg

それにしてもこのサイズで16ch・・・技術の進歩。
ちょっと前なら16chで録音する機材だと数十万円は掛かったのでは?

M氏がGWを犠牲にしてドラム録音後、リーダーN氏が腱鞘炎と風邪をおしてギター、ボーカルを録音し、現在は当方の当番。

そんな訳で私も部屋の隅っこに録音コーナーを設け、先週末の子供二人の発熱、今週末の家人の発熱をおして、録音に注力。
本日、とりあえず、全10曲、ベース終了。ボーカルは2曲終了。

ベースは今回、コンプとDIを使ってそれなりに曲に合わせて音も変えて録音。一歩前進W

普段のスタジオではBa→DI→Comp→ベーアンだが、録音ではDIをアンプに見立て逆にBa→Comp→DI→MTR。

備忘のため、録音のつまみ位置↓。後撮りなので、CompのVolumeはうろ覚え・・・
20100607003540.jpg


ちなみに下記は土曜日のスタジオでのつまみのセッティング。
我流だけどこれで良いのか?
20100605165214.jpg
20100605165231.jpg


録音で苦労したのは自分が作った自分で歌う曲のベース・・・
理由は、たぶん普段、歌いながら演奏しているため、楽器だけだと調子が狂うとか、普段は歌うが故、演奏が割りとアバウトだから、だとか、歌いながら演奏しなければいけないのにアレンジ的にベースが剥き出しになるところが多く、細かな部分が気になる、とかそんなとこ。

あと、気付いたのはベースのボリュームをMaxにしないとノイズが大きいこと。
土曜日のスタジオでもベースのトーンのつまみが取れた状態と付け直した状態で音が全然違うという経験をしたばかりだったのだけど、色々厄介。

ボーカルは前作、ベースだけの状態で歌って音をはずし、録り直した経験を踏まえ、ギターのコード弾きを予めガイドとして追加。
それでもうまくいかない1曲は今後録り直し。


今週末の進捗はこんな感じです>メンバー

スポンサーサイト

2010.06.07 | Comments(1) | Trackback(0) | バンド

4・28

GW初日は我らが「fujico overdrive」のライブ@板橋。

会場は高校生が卒業ライブを行うかの様な、或いは地元の年配者が集うカラオケ教室であるかの様な素朴なライブハウスで、気取っていない感じがなんだか良かった。
ステージが狭いため、ドラムが向かって左端に設置してある変則的な並び方も新鮮だったし、サウンドは各アンプからの出音がメイン、というのも清々しかった。
まさしくガレージサウンド。
PA担当の社長がライブMC中に声だけ勝手に乱入する緩さも微笑ましかった?W

トップバッターは「The Red Line」
ニューオリンズジャズを演奏する男女混合若手4人衆。
確かな演奏力でタイトに聴かせ、非常に心地良かった。
スーザフォン、という目立つ楽器を抱えた、凛とした細身の美人さんがポップアイコンとなり得ると思うので、もっと俗っぽい要素や、やんちゃな要素を取り入れると、更にキャッチーな存在のバンドとなると思うのだが、それは余計なお世話と承知、趣味の問題。

二番目は「Summer Solstice」
プロを目指し、普段は吉祥寺やら下北沢やらのちゃんとしたライブハウスで精力的に活動する彼等にとって、この空間はどことなくミスマッチの様な、微妙なおかしさがあったが、リラックスして演奏している感じで毎度のことながら内容も良かった。
ほろ酔い気味で普段より若干荒っぽい演奏だったと思うのだが、それも良い匙加減で、普段と違う種類の空間と相俟って、魅力を増していた様に思う。

三番目は「The Softcream In My Room」
牧野エリさんのハプニングを志向したコンセプチュアルアートバンドといったら良いのか・・・いや、それは言い過ぎかW
今回のイベント全体の閑話休題的な位置をちゃっかりと占め、ドリンクコーナーのおば様達も笑って見守る緩い空気で場を満たしたのには正直舌を巻く。
本来のニューウェーブが持っていた奔放さ、ノーニューヨークな雰囲気?を柔らかく提示したって印象・・・いや、これも言い過ぎかW
このまま熟成せず、持ち味を失わず、ただし締めるところは締める形でまとまったモノを見てみたいと思うのだが、それは困難な道のりだと承知しているのか、今回限りだという。
分からないでもないが、あえて継続して色んなことと格闘してもらいたいなあ、と無責任に思う。

トリは我々「fujico overdrive」
出番前に元Good morningsドラムのI氏に「fujico、Softcream~に食われちゃうんじゃないの?」と、非常に的確な暖かい?言葉をもらうが、まあ、意識してなんとか出来る話では無いのでW

出来はどうだったのか分からないが、一応お客様には喜んでいただいた様だったのでまあ、良かったな、と。

個人の演奏については今回65~70点程度。
過ぎたことを悔やんでもしょうがないので、これ以上振り返らないことにする。
実際、悔やんでもいないし。
2時のリハーサルから、23時過ぎの退場まで、非常に楽しい一日だった。

ご来場していただいた皆様と出演者と業務多忙な時期にもかかわらず、今回の自主企画開催に並々ならぬ尽力をしてくれたfujicoリーダーに心から深謝。

2007.04.30 | Comments(0) | Trackback(0) | バンド

10/28(土)fujico overdrive「ずん企画」参戦

20061028184928.jpg

10/28(土)はfujico overdrive、4回目のライブ、かつ10月、ニ度目のライブ。
Summer Solsticeのベーシスト、ずん君に池袋Club Addictでの「ずん企画」に誘われたもの。
社会人、高年齢バンドなのに頑張っちゃってる・・・

それにしてもSummer Solsticeから今年ニ度目のお呼ばれ。そこまで気に掛けていただき甚だ光栄なのだが、やはりこれは我等がバンドのリーダーN氏がマルコム・マクラーレンよろしくSummer Solsticeに対しても影の敏腕マネージャー振りを発揮しているのが奏功したのだろうか?

なんにしても大変有り難いことである。ずん君、Summer Solsticeに多謝。
久しぶりにライブを観に来てくれたYさん、Sさんにも感謝。

で、肝心のライブは、バンドの練習時に主として愛用していたキーホルダーの爪切りのチェーンが前日に切れ、ライブ直前にはペンダントの留め金が壊れ、5回目だと勝手に思い込んでいたライブも不吉な「4」回目、と事前に不吉な出来事(?)が重なった割にはそこまでぐだぐだにならずに済んだのだが、ステージ上はデッドな音場で、リバーブ感が無く、個人的には気持良い音が出せずに、ちょっと演りづらかった。
更に自分の歌う曲では一部歌詞が飛び、コードを間違えたりしたのだが、どうやら川崎以来、ステージでの気の持ち様が分かった様で、純粋に楽しめた。

今回はライブの音も手違いで録れておらず、反省もせずに済みそうだW

それにしても7月の吉祥寺以来2回目となるSummer Solstice、牧野エリさんはさすがの完成度で感服。
最年長で頼り無くて申し訳ないが、これからも年に一度くらいは混ぜてほしいW

2006.10.29 | Comments(2) | Trackback(0) | バンド

家庭訪問

日曜日、昼前に「悲しくて美しい世界」をハードディスクMTRに録音。
カウントとコード進行をシンセにプログラムし、それをガイドにベース、歌を入れる。
家人が出掛けてしまったのを良い事に、ビールを呑みながらかなりの音量で歌う。
ただし、先日のライブでの演奏にBPMを合わせた(BPM150)ので、かなり早かったかも。
まあ、テンポ早過ぎたらまたやり直せば良いか・・・

昼過ぎからMTRの授受、並びにPCソフト「SONAR5」にトラック情報を流し込んでのミックスダウンを試すため、池上在住のfujicoドラムM氏の自宅訪問。
結構広い部屋だが、エレキドラム一式が鎮座しているため、かなりのスペースを喰われてしまっている。

ほう、これがバンド一の物欲氏の城か・・・と視線は落ち着き無く彷徨う。
おお、ブログで読んだヘリコプターのラジコンはこれか・・・へえ、ハイハットスタンド、もう買っちゃったのか・・・なんて具合。

それはともかく2時半頃から「月とサムライ」「世界エンジン」「廃工の世界」の三曲のPCミックスダウンを試す。
最初からなんとなく手を加えなくても十分行ける感じのサウンドではあったのだが、音楽の先輩らしく適当な意見を言ってその場をしのぐ。
一応、こんなものか、という所でまとめてみるが、パート毎の定位を設定し忘れ、全てのパートが中央に設定されたモノラルバージョンとなってしまう。
まあ、どうせ(仮)だし、良いか、と二人して現実逃避し、6時半頃終了。日曜なのでそのまま辞去する。

それにしても「SONAR5」、かなり強力。なにせ簡単に音程が調整出来る。

で、試しにボーカルをソフトで解析されるジャストの音程に変更してみたりしたのだが、これがまた、良くなるとは限らないのが音楽の面白い所。
何故か曲の風味が吹っ飛んでしまった様に感じたりする。

そういえば、前バンドからの過渡期に何人か、ボーカル希望者とセッションしたが、技術的にうまいからと言って、良い訳じゃなかったのはこういう事だったのか、と実感した次第。

まさか、慣れのせいじゃない・・・よね?

2006.09.11 | Comments(0) | Trackback(0) | バンド

デモ音源作成

土曜日、朝からバンドのデモ音源(ベース以外録音済)にベースを追加録音。

↓仮設のスタジオ、っていうか部屋のスミ。
20060902120241.jpg

「廃工の世界」は2回、「世界エンジン」も2回、「月とサムライ」は1回で午前中に終了。
自分に甘い?
まあ、駄目でも、機材片付けてしまったから。
やり直しはもう面倒臭いからやらないW

「世界エンジン」はトラックが空いていたので、Micro Korgでエレクトロな音も勝手に追加。

今回の録音はMTR自体を持ち回り、エレキドラムを使用。
試行錯誤せずとも音のバランスが良く、なにより録音に向かう環境自体がお手軽で良い。
手前味噌だが、どの曲もカッコ良く出来上がりそうな感触。

ドラムのM氏がPCに導入したSonar5ではMTRからトラック毎の読み込みが簡単に出来るそうなので、やろうと思えば編集などかなり複雑な事も出来そうで、今後とも楽しみ。

まあ、乞う御期待ってことで・・・

2006.09.02 | Comments(4) | Trackback(0) | バンド

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

みど

Author:みど
音楽好きのサラリーマン。
週末時々素人音楽家。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。