スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

カルティエ現代美術財団コレクション

昨日、東京都現代美術館へ「カルティエ現代美術財団コレクション」を観に行った。
「オノ・ヨーコ展」以来の東京都現代美術館。

日経新聞に見せ物小屋的な面白さが云々と書いてあったので、興味を持って行ったのだが、その通り、難しい事抜きで単純に面白かった。

一番印象に残ったのはポスターでも使われているベッドの大きな女性の人形「イン・ベッド」。
今回の展覧会の目玉にふさわしいさすがの存在感。肌の質感などリアル過ぎて不思議と引き込まれてしまい、ちょっと立ち去り難い感じになってしまった。
20060625121450.jpg

一緒に行った家人も好きだと言っていた、全てをビーズで作った「裏庭」という作品とか、
20060625121500.jpg

男の子なら心踊るはずの実物大模型「ケルヴィン40」など楽しい見ものが沢山あった。
20060625122143.jpg

映像作品も幾つかあったのだが、フィルムものは余り見なかった。
フィルムものには、ついつい「オチ」を求めてしまうのだが、「オチ」が無い芸術だと退屈してしまうもので。
まあ、これは当方が保守的なだけかもしれないけど。

2006.7.2まで。
http://mot-art-museum.jp/special/cartier/

スポンサーサイト

2006.06.25 | Comments(2) | Trackback(0) | アート

バスで「宇治山哲平」展へ

バスで東京都庭園美術館へ。
「バス好き」なもので。

「電車」に乗るのも「タクシー」に乗るのも、乗り物に乗るのは割と好きなんだけど、「バス」って何だか島状に存在する別々の町が本当は地続きであるとリアルに感じさせる所があって、楽しい。
今回乗ったバスは割と普通の住宅街の中を縫う様に走るので、そこんとこが面白かった。

庭園美術館では「宇治山哲平」展を開催していて、私の知らない芸術家だったのだが、四角や三角や丸をカラフルに散りばめた抽象画で、デザインに興味があったり、デザインを仕事とする人には刺激的なのじゃないかと思う。
特に画面がしっくいの壁の様にざらついていて、厚みを持たせてあるので、印刷物と原物は全然別の存在感があって、30年振りの本格回顧展という事を別にしても一見の価値があると感じた次第。

彼の絵画のパーツを自由に組み合わせられるブログなんかあるとオシャレかも。
(2006.04.09まで)

art06.gif

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/ujiyama/index.html

2006.03.05 | Comments(1) | Trackback(0) | アート

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

みど

Author:みど
音楽好きのサラリーマン。
週末時々素人音楽家。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。