スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ASIAN KUNG-FU GENERATION/ファンクラブ

切れの良いギターサウンドや、歯切れ良いテンポ、キャッチーな大サビは一聴するといつものアジカンワールドそのもので、流し聴きが多い私にとっては従来同様十分心地良いのだが、強いていえば、当初は一曲一曲の印象が希薄だった。

まあ、どちらかというと音楽を機能的に扱う聴き方をする事が多いので、アジカン風味を軸の部分で失っていなければ、一向に構わないのだが、聴き込むにつれ、今作は全般にリズムが工夫されていると感じた。
極端な所では1曲目「暗号のワルツ」では基本三拍子に四拍子のサビとなっていたり、それ以外でも以前に比べリズムの面で一本調子にならないための気遣いがされている。

また、9曲目「センスレス」では曲の構成自体が繰り返しを排除していたり、つまり、なかなか意欲的。

歌詞も幾つか聴きながら追いかけてみたのだが、饒舌になり過ぎず情緒的になり過ぎず、イメージを想起させる言葉を積上げるという冷静さが心地良い。

出てきた当初は「くるり」に似てるなあ、と思ったけど、そうでも無いな。

ファンクラブ ファンクラブ
ASIAN KUNG-FU GENERATION (2006/03/15)
KRE
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

2006.03.29 | Comments(1) | Trackback(0) | CD

FISHMANS/ORANGE

FISHMANSといえば、これより後に発表された「空中キャンプ」や「LONG SEASON」「宇宙日本世田谷」といったALの方が一般的に評価が高い様で、ポップな感触ながら、音響的センスが存分に発揮された先鋭サウンドに、「気分」を的確に伝え平易な言葉で表現する歌詞とキャッチ-なメロディーが乗ってて、もちろんそれには文句の付け様が無いのだけど、それでも私には初めてFISHMANSと向き会ったこのALが一番。

キャッチーなメロディーと「気分」を適格に伝える言葉はこの頃から健在。レゲエに影響を受けたサウンドは何故かレゲエを感じさせず非常にスマートで、小気味良くうねる太い低音と浮遊感のあるキーボード、ざっくりとしたギター、跳ねるドラムは極楽そのもの。

上記のその後のALはややもするとちょっと大作感が漂うのだが、そもそも身の丈の「気分」を表現するのには、このAL程度のさり気なさが程良いサイズに思えて好ましい。
あと、ジャケもメンバーの表情が内容の充実を予感させるもので個人的にツボだった。

当時、何と表現して良いか分からず、「清志郎がレゲエをバックで歌ってる感じ、ちょっと違うけど」などと的外れな事を言って友人にお薦めしてました。

ORANGE ORANGE
フィッシュマンズ (1998/04/17)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

2006.03.28 | Comments(0) | Trackback(0) | CD

お墓参り

一週間遅れの彼岸って事でお墓参り(に名を借りたドライブ)。
多摩、高尾の方を四箇所回って来ました。
桜見物を兼ねるにはまだちょっと早い感じでしたが陽気も良く気持ちの良い一日。

昼食は知る人ぞ知る八王子の「うかい亭」でランチを。
法事となると我が家では、今はお墓に入っている人が元気だった頃から、ここでランチをしていたので、去年、供養も兼ねて一回行ったら家人が味をしめてしまい、どうやら一年一回の恒例になってしまった様です。

まあ、でもあれです、大した距離でも無いのに結局一日仕事です。

2006.03.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

フジコ過熱状態

昨晩は「fujico overdrive」の初LIVE。
御来場頂いた方はもちろん、ほかの出演者と店のスタッフも含め見て頂いた方全員に感謝です。
バンド全体としては何とか及第点だったのか?

個人的には、「冷や汗」って比喩表現でなく、「物理現象」だったのだな、と発見しました。

加齢により汗っかきになった自覚はあったのですが、ライブ前半、ある程度なんとか無難にこなしていたのに、後半、特に個人的に何となく苦手意識のあったラストの二曲になったら、汗があふれてきて、で、やっぱりミスをし、それは更に汗を誘発し、気を滅入らせ、負のスパイラルに陥ったという…あの汗はやはり「冷や汗」以外の何物でも無いな、と。

時折打ち寄せる緊張の波になんとか耐えて来たのにラスト二曲で飲み込まれてしまった感じ…

まあ、それにしても今回が人生初のLIVEというDrのM氏の無難な演奏と比較し、数えられない程の舞台を踏んだ自分が未だこの程度であるのは我ながら情けない限り。

2006.03.19 | Comments(0) | Trackback(0) | バンド

wilco/being there

そもそもこのブログではCDの紹介なんぞを中心にしようと思っていたのだが、いざ作文しようと思うと、何から取り上げて良いやら途方に暮れてしまって。
自意識過剰だったり、自己顕示欲だったりで縛られたり、しかもちょうどここんとこ、なんとなくロックインポな時期だったりでタイムリーな新譜にも興味が湧かなかったりと。

そんな中でwilcoのこの'96年作二枚組の2ndを選んだのは、たまたま割と最近中古で入手して繰返し聴いているから。

wilcoってのは、後にjim o'rourkeのプロデュースで先進的な要素を打ち出すものの、「オルタナティブ・カントリー」なんていうマーケティング的には何となく得策とは思えない言葉で説明されてきた米国のバンド。

このALはカントリー、フォーク、ブルースなどのルーツ・ミュージックに影響を受けたもので、曲調はバラエティーに飛んでおり、何よりメロディーが良い。特にdisc2の一曲目「sunken treasure」はピアノのフレーズも美しく滅法良い。これだけで御飯三杯は軽くいける。

Being There Being There
Wilco (1996/10/29)
Sire/Reprise
この商品の詳細を見る

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | CD

バスで「宇治山哲平」展へ

バスで東京都庭園美術館へ。
「バス好き」なもので。

「電車」に乗るのも「タクシー」に乗るのも、乗り物に乗るのは割と好きなんだけど、「バス」って何だか島状に存在する別々の町が本当は地続きであるとリアルに感じさせる所があって、楽しい。
今回乗ったバスは割と普通の住宅街の中を縫う様に走るので、そこんとこが面白かった。

庭園美術館では「宇治山哲平」展を開催していて、私の知らない芸術家だったのだが、四角や三角や丸をカラフルに散りばめた抽象画で、デザインに興味があったり、デザインを仕事とする人には刺激的なのじゃないかと思う。
特に画面がしっくいの壁の様にざらついていて、厚みを持たせてあるので、印刷物と原物は全然別の存在感があって、30年振りの本格回顧展という事を別にしても一見の価値があると感じた次第。

彼の絵画のパーツを自由に組み合わせられるブログなんかあるとオシャレかも。
(2006.04.09まで)

art06.gif

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/ujiyama/index.html

2006.03.05 | Comments(1) | Trackback(0) | アート

池袋サンシャイン水族館にて

仕事休暇で池袋のサンシャイン水族館へ。
「水族館好き」なもんで。

ちょうど時間が良くて、アシカのショーや、エイのエサやりショーが観れたり、入り口付近のリュウグウノツカイの標本が刺激的だったり、色を変えて威嚇する小さなイカや、ヘリコプターみたいな動きの小さなハコフグや、自由自在に泳ぐアザラシがキュートだったり、ピラルクがでかくて存在感がカッコ良かったり…とまあ、堪能した訳ですが、この日一番の収穫は普通にペンギンでした。

水槽のアクリル面に沿って左右に泳いでいたペンギンが一羽いて、上から覗き込んでいたら、私の前で急に止まったので、何かと思ったら、手で持ってぶらつかせていたマフラーに激しく反応していた、って訳。

マフラーに合わせて首を振って大興奮状態。
水面より下でマフラーを振れば、息が続くまで潜って追いかけ、息継ぎしてはまたすぐ潜るし、水面より上で振れば、息が荒いのが聞こえるほど無我夢中。
ペンギンがあんなに好奇心が強いとは知らず、いやあ癒されました。

2006.03.03 | Comments(1) | Trackback(0) | 雑感

まあ、始めてみますか…

所属するバンド「fujico overdrive」のHP立ち上げに伴い、メンバーそれぞれのブログを用意してリンクする、ってな企画になっていたのです。
礼によって、いつの事だったか良く覚えてないけど。
のんびり構えていたら、自分以外は早々にスタートしてしまっていた、そんな訳で取り敢えず慌てて後を追いかけたって訳なんです。

2006.03.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

みど

Author:みど
音楽好きのサラリーマン。
週末時々素人音楽家。

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。