スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Zaireeka/The Flaming Lips再生作戦

ZaireekaZaireeka
(1997/10/28)
The Flaming Lips

商品詳細を見る

今更だけど、「The Flaming Lips」にはまっている。

自分の好きなタイプの音だと薄々分かっていたのだけど、レコ屋で試聴しては、なんとなく見送ってきており、つまり気になる人達止まりであった。
それがこの前のエントリーに記した「Mercury Rev」(「The Flaming Lips」とは兄弟バンドと言われている)からの流れで、もう一度聴いてみたら、やはりとても好きだったという訳。

とりあえずレンタル出来るものはレンタルで聴き、上記はレンタルでは聴けない「特殊盤」なので、優先して購入。

一応、ご存知ない人のために説明しておくと、これはCD4枚組みの8曲入盤なのだが、そうはいっても1枚に2曲入っているのではなく、どのCDにもトラック違いの同じ曲が8曲入っているというシロモノ。
つまり4枚のCDを同時に再生すると、曲がちゃんと聴ける、という聴くのがとても面倒な1997年製のALなのだ。
なお、当初、5,000枚限定で出たようだが、どうやら再プレスもされた様で入手はとても簡単。

PCで4枚のCDの音を取り込んで、編集ソフトで適当に定位を決めて、ミックスダウンしてしまえば手軽に聴けるようになるのだが、最初からそのようなお手軽路線(とはいってもこれはこれで十分面倒だけど)を選んではいけないと思い、朝から家中の機材をかき集めてセッティング。

Disc1担当はiPod+ステレオ(CDプレイヤーが無いのでiPodで代用)
20081116130547.jpg

Disc2担当はポータブルステレオ
20081116130621.jpg

Disc3担当はPC+外付けスピーカー
20081116130704.jpg

Disc4担当はBOSEのウェーブステレオ
20081116130739.jpg

まさしく総動員。
家人にも手伝ってもらい、2台づつ担当して、いっせいのせっ、でスタート。
1回ではうまくいかず、何度もやり直してなんとかスタートを切ることが出来た。

ちなみにうまくいくと一曲毎に

Track No.1 This is CD No.1
Track No.1・・・・・・・・・・・・・No.2
Track No.1・・・・・・・・・・・・・・・・・No.3
Track No.1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・and No.4

といった具合にまず、Track No.1の発声がシンクロした後、カウントがきれいに回る。
それだけで、快感であり、なんだか無性に達成感を感じる。

4台でそれぞれ左右のステレオ仕様だから、8チャンネルのサラウンド状態な訳で、写真では分からないけど、実際には右向いたり左向いたりと、家の中とはいえ、日曜の朝からさぞキョロキョロと挙動不審だったことだろうと思う。
おかげで久しぶりにきちんと集中して座って音楽を聴いた感じだ。

薄笑いを浮かべて、ご満悦の図↓
photo10.jpg

こんなに実験的なコンセプトにも関わらず、音楽も割とポップで楽しい。

毎週末の恒例行事にしようかと思う(嘘W)

スポンサーサイト

2008.11.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽

秋の私的リスナー状況

この三連休は初日、バンド練習。
二日目、DIYショップで買い物。
三日目、東京農大の学祭。
最近、このブログは家具組立ブログと化していると言われているが、昨日買ったカラーボックス
(千円!)の組立では記事にならないだろうなあ。

という訳で(どんな訳?)、9月以降の私的リスナー状況について。

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVERベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER
(2006/07/26)
くるり

商品詳細を見る

9月の最初の頃は「くるり」のベストを中古で見つけて購入。
ベストなのにいけてない曲を収録してしまう彼ら、そこらへんは完全に狙っているものと確信。
せっかくオリジナルアルバムだと曲のあたりはずれがあるから、と思ってベストを買ったのに。
加えて、限定盤の3枚組で手に入れたが、3枚目は無くても良かったかも。
ネガティブな感想に見えるかもしれないけど、とんでもなく素晴らしい曲が洩れなく収録されており、実はかなり愛聴。
スコアまで買った位W

9月中旬はUKモノの発掘↓に取組むもしっくりくるものは見出せず。
AnthologyAnthology
(2003/08/25)
Ocean Colour Scene

商品詳細を見る

リバティーンズ宣言リバティーンズ宣言
(2002/12/04)
ザ・リバティーンズ

商品詳細を見る

Greatest HitsGreatest Hits
(2005/07/26)
The Happy Mondays

商品詳細を見る


下旬はお気に入りのバンド「Broken Social Scene」の中心人物の片割れ、「Brendan Canning」の新譜を愛聴。
Something For All Of Us・・・(限定DVD付プレミア盤)Something For All Of Us・・・(限定DVD付プレミア盤)
(2008/08/27)
ブレンダン・カニング

商品詳細を見る

このメロディーのフィット感、サウンドの軽やかさというのは意外と貴重。
朝の通勤時に聴いても気分を左右しないロック。

ただ、国内盤のDVD付限定盤を購入するも、間に合わなかったとの理由で、字幕が無く、内容はほとんどインタビューしか収録されていない、とあっては、購入者をなめているとしか言えないのが残念。

10月に入ってからは「Mercury Rev」私的再評価ブーム。
新譜がエレクトロニカで素晴らしかった。「うさ盤」↓
Snowflake MidnightSnowflake Midnight
(2008/09/30)
Mercury Rev

商品詳細を見る

彼らのOFFICIAL SITEではメーリングリストに登録することにより、もう一枚の新譜「Strange Attractor」(「ねこ盤」)が無料でダウンロード可能。
こちらはエレクトロニカなインスト盤でそれなりに気持ち良し。
strange attractor

更に遡って2枚中古で購入。
All Is DreamAll Is Dream
(2001/08/27)
Mercury Rev

商品詳細を見る

The Secret MigrationThe Secret Migration
(2005/03/01)
Mercury Rev

商品詳細を見る

現代サイケと言われているみたいだが、プログレ的ドラマチックな展開が気持ち良い。
なんとなく、「Radiohead」のUS的展開といった趣きも個人的には感じる。

あと「Crazy Ken Band」の編集盤も購入。
middle&mellow of CRAZY KEN BANDmiddle&mellow of CRAZY KEN BAND
(2008/10/08)
クレイジーケンバンドThe Gospellers

商品詳細を見る

えぐい曲がなく、耳障りの良さがなんだか物足りず、実はそれほど聴いていない・・・
歌詞、メロディー違いの「ハマ風」という曲が目玉だと思うが、原曲の方が良いし。

取り止めがないけど、とりあえず最近はこんな感じ。

2008.11.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

みど

Author:みど
音楽好きのサラリーマン。
週末時々素人音楽家。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。