スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

AVATAR

大晦日。昨日で仕事を納めて、今日は大掃除・・・を放棄して久し振りの映画w/家人。

最近の映画館ってネットで予約が出来るのね。
時代柄当然なんだろうけど、感心してしまう。



そんな訳で有楽町マリオンの劇場のなかなか良い席で「AVATAR」3D体験。
これは独善的でおせっかいな意見だということを百も承知で言わせてもらうと、3時間程度の暇と2千円程度のお金がある人には是非お勧め。

3D映像、決して観たことが無い訳ではないけど、ここまできちんとストーリーがあって、3Dであるべき映像って無かった様に思う。
ジェームス・キャメロンは映画館で映画を観なくても済む現状の中で如何に映画館に足を運ばせるか、ってことをかなり真剣に考えた様な気がする。

設定はちょっとネットを検索すればすぐ分かると思うのだけど、とある惑星で人類が原住民のアバターを作り、装置を介してそれに憑依し、現地人に溶け込み、生活を体験し、情報収集し、出来ればコントロールしようとする、というもの。
観客は3D映像で、異星の風景をリアルに体験できるのだが、設定上も主人公は装置を使って現地人に成りすます訳で、主人公と同じ目線で異世界に入っていける。

ストーリーは特に捻ったモノでは無いのだが、個人的には常々クオリティーはまず細部に宿ると思っているので、シンプルなストーリーは減点要素では無く、逆に細部までこだわった異世界の設定を際立たせることに寄与していると感じる。
異星の森の情景、そこに生きる異星の生物、生活する異星人の部族、その生活、宙に浮かぶ岩山、空飛ぶ竜・・・造形は圧倒的でビジュアルはとことん刺激的。
スターウォーズのジャージャーなんとか、っていうCGの異星人には拒否感を感じる私だが、この映画では異星人に肩入れできる。

DVDで観たって本作品の本当の凄さは伝わらない。
3Dが単なるギミックではなく、必然性を感じさせるという点で映画史の事件になり得るかもしれない、なんてね。

出来ればもう一度観に行きたい。

スポンサーサイト

2009.12.31 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画

コメント

お久しぶりです。今回の投稿を読んで煽られ、僕も観に行ってきました。あっという間の3時間でしたね。ディズニー映画的「ヒューマニズム」が勝利して人類が敗退するという逆説(!)も素直に受け入れられました。今後3D上映は重要な要素として定着するかもしれませんね。3Dテレビも気になってきました。・・・実は毎回チェックしてました。今後もよろしく。

2010-01-10 日 11:38:37 | URL | yahman #- [ 編集]

お久しぶり。色々ブログを眺めていると、異星人の生活様式がネイティブアメリカンだ、とか、そもそも見た目が単なる猫人間、だとか、色々批判はあるけど、分かりやすさと革新性のバランスが良く取れてて単純にうまく出来た良い映画だよね。これからも宜しく。

2010-01-11 月 23:55:18 | URL | みど #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

みど

Author:みど
音楽好きのサラリーマン。
週末時々素人音楽家。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。